比較獣とサバンナの仲間が選ぶ!

カードローンは、身分証明書などの必要書類と限度額の枠により審査が行われ融資の可否が決まります。

カードローンの審査基準と必要書類

カードローンの審査基準と必要書類

カードローンの審査基準とは?

カードローンの審査基準とは?

カードローンは手軽に資金を借りることができるため便利なサービスですが、誰もがすぐに借りれる訳ではありません。
カードローンを開設した後なら限度額の枠内で自由に借入・返済を行うことができますが、開設時には所定の審査をうける必要があります。

審査基準は、会社によっても異なりますが、主に年齢・職業・勤続年数・居住年数・家族構成・過去の返済履歴といった項目が精査されることとなります。
また、開設後は審査なしで自由に利用できるため、限度額の設定次第では開設審査が難しくなることもあります。
定職を持っており、長年の勤務実績を持っている方なら資金面でも安定しているため審査に通りやすい傾向にあります。

また、勤務している企業についても、知名度の高い大手企業の方が倒産するリスクも少ないため審査に通りやすいとされています。

審査基準
  • 年齢
  • 職業
  • 勤続年数
  • 居住年数
  • 家族構成
  • 過去の返済実績

こういう人は落ちやすい!

上記に記載した審査基準によって、残念ながらカードローンを開設できない場合もあります。
例えば、転職を繰り返しており勤続年数が短い方や、引っ越しが多く今の住居での居住年数が少ない方は一般的に不利であると言われています。
基本的に、今の職場での勤続年数が1年未満の場合や居住年数も1年未満の場合は、大手企業に勤めていたとしても審査に落ちてしまうことだってあります。

また、限度額の枠をいきなり大きく設定した場合も審査が難しくなります。
カードローンはクレジットカードなどと同様、申し込みを行う個人の信用によって金融機関が貸し出す金額が異なってきます。

初めてカードローンを申込む場合は、30万円から50万円といった比較的低額からスタートして、徐々に限度額の枠を広げて行くことをおすすめします。

申込み時の必要書類

カードローンは申込者と金融機関の間で、資金貸借契約を結ぶこととなるため身分証明書による本人確認を行っています。

申込み時の必要書類

身分証明書は、運転免許証・運転経歴証明書・各種保険証・住民基本台帳カード・パスポート・在留カードなどが必要書類として挙げられます。

また、本人確認書類に記載されている住所が現在の住所と異なる場合は、住民票の写し・公共料金の領収書・印鑑証明書の中で原本を一緒に用意する必要があります。
必要書類としては、身分証明書の他に貸金業法に基づいた収入証明書類の提出も要請しています。

収入証明書類としては、源泉徴収票・住民税決定通知書・確定申告書・所得証明書・直近2カ月の給与明細書があります。
必要書類を手元にご用意した上で、カードローンに申し込みましょう。

身分証明書
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 各種保険証
  • パスポート
  • 住基カード
  • 在留カード
所得証明書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書
    (直近2カ月)
ページトップへ戻る
企業概要 | 利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright 比較獣とサバンナの仲間が選ぶ!カードローン. All Rights Reserved