比較獣とサバンナの仲間が選ぶ!

年金が安定した収入に該当する金融機関であれば年金受給者でもカードローンを利用することは可能です。

年金受給者でも大丈夫?

年金受給者でも大丈夫?

年金受給者でもカードローンに通る?

年金生活を送っている高齢者の方でも、生活費や急な出費によってカードローンを利用したいというケースが増えてきています。

カードローンの審査基準は「安定した収入があること」を条件としており、年金受給者が安定収入に該当するかどうかがポイントとなります。
年金受給者は職業的には無職となりますが、年金という収入源があり、これまでクレジットカードの支払いや借入の実績がある場合は信用が多く付いている状態と言えます。
銀行系のカードローンでも、年金は安定収入に含んでいるところが多いため、過去の利用実績や信用度によって審査を通過することはあります。

年金受給者だからといってカードローンでお借入が難しいという訳ではありません。

70歳を超えると厳しい

注意すべきポイントとして、ほとんどのカードローン商品において、年齢制限が付されていることとなっています。
金融機関や商品ごとに条件は異なりますが、一般的には3段階で設定されており、「60歳まで」「65歳まで」「69歳まで」といずれも60代が条件とされています。

70歳を超えると厳しい

69歳までのカードローンなら、年金受給者でも借入審査を通過することは可能ですが、70歳を超える高齢の方にはほとんどの金融機関が審査上NGとしています。

70歳を超えると物事の判断が鈍ってしまう他、返済期限と寿命年齢が重なってしまう恐れもあるため、金融機関側としても返済前に死亡されると資金を回収できないリスクになるため制限をかけています。

年金受給者でもカードローンを申し込み可能ですが、最高でも69歳までと考えておきましょう。

ページトップへ戻る
企業概要 | 利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright 比較獣とサバンナの仲間が選ぶ!カードローン. All Rights Reserved