比較獣とサバンナの仲間が選ぶ!

生活保護を受給している人はカードローンの審査に受かることは不可能となります。

生活保護でも大丈夫?

生活保護でも大丈夫?

生活保護とは

生活保護は、生活が困窮している方を対象に、国が健康で文化的最低限度の生活を保障するとともに自立を促すことを目的とした制度であり最低生活費が支給されます。

生活保護の申請は地域の福祉事務所に行うこととなっており、家庭訪問・資産調査・年金や就労収入等の調査・就労可否調査といったさまざまな過程を経て保護費が支給されます。
生活保護を受けている方は、最低限の生活を送る上で必要とされているお金を自ら稼ぐことが出来ないために国から援助を受けている状態となります。

カードローンは不可能

では、生活保護を受給している方がカードローンを申し込むことは可能なのでしょうか。
結論から先に申し上げると、審査に受かることは不可能と言わざるをえません。
ほとんどの方が就労しておらず無職状態であり、給付金以外の収入が無い状態で借入することはできません。

生活保護制度の趣旨としては、生活がままならない方を国が保護する制度であるため、クレジットカード・キャッシング・カードローンを利用するケースは想定されていません。
生活可能な給付金を受給しているので、借入する理由が無いからです。

生活保護を隠す?

どうしてもカードローンやキャッシングを利用されたい場合、金融機関に申込する際の職業欄や勤務先を偽って登録する方法があります。

しかし、この事実がばれてしまった場合や、カードローンの利用が判明した際には、生活保護の受給も打ち切られてしまうおそれがあります。
非常にリスクの高い方法であり、かつ、法に触れてしまう危険性もあることからおすすめできません。

生活保護の受給者にとって、カードローンの申込みは不可能と言えます。

ページトップへ戻る
企業概要 | 利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright 比較獣とサバンナの仲間が選ぶ!カードローン. All Rights Reserved